スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsタブレットでBlender

Blenderの使い方を外で勉強するために買ったAtomのタブレットなんですが
モデリングぐらいならスペックの割りにけっこう最後まで出来ちゃうんですよね。
レンダリングはさすがに時間が掛かりますが、出来ないこともない感じです。
私が使ってる機種はMiix2 8(AtomZ3740)です。
ポイントはSubsurfの分割数を細かくしすぎないことでしょうか。
分割数ちょっと上げるとすぐカクカクになってしまうのでビューのほうは1で妥協。
あ、マウスはあったほうがいいと思います。
ソフトウェアトラックパッドのようなフリーウェアもありますが、私的にはマウスは必須。

Blenderはキーボードショートカットの依存性が高いのがネックなのですが
キーボード持ち歩きたくないのでソフトキーボードでなんとかしてます。
これもいろいろ試したのですが、PIGYソフトウェアキーボードが一番しっくりきたので
これをカスタマイズして自分がよく使うショートカットキーを並べました。
こんな感じです。
WS000047_201507222033259ad.jpg

よかったらこちらからカスタムスキンをダウンロードできます。

使用上の注意ですが、PIGYソフトウェアキーボードだと仕様上(?)G→Xなどの連続入力が不可能なようなので(ちーたんタッチボードではできるんですが)、1キーにまとめたのがGXやSXなどです。
あとナイフ(K)使うときコツがいります。
切る部分を確定させたら一旦マウス中ボタンをクリックするようにしないとうまくいきません。
これはやってみればわかると思いますが、中ボタン押さないとなぜかEntが押せません(これもちーたんでは普通に押せますね)。
ここに無い機能はメニューから選んでます。

最後にBlenderの操作をメタセコライクに使うTipsの紹介です。
Blender初心者に知っておいて欲しい基本的なカスタマイズのしかた
メタセコと往復しても混乱しないし、メタセコに慣れた人にはとっつきにくさを解消できるんでオススメです。
一回使うとキーボード押さえながら視点変更とかやってられません。

これでメタセコのようにほぼマウスのみで快適に作業できるようになりました。
タブレット用にセッティングしたものの、便利なので現在はデスクトップメインPCでもこのような環境で作業してます。
スポンサーサイト

服を作り進む


ここまでで気になるとこはまだ沢山あるけど、ハマり込んでるとサッパリ進まないので後回しにして服に着手。
全体像の確認用にもさっさとやっておくべきですな。
気にしないでどんどん作り進むのがコツなような気がしてきました。

服もBlenderで作ってみてます。
Shrinkwrapモディファイアがすごい使えます。
だけどまだモデリングは慣れてないんで時間掛かるなあ…。

大整形


水着のようなものを作ってポーズ付けながらプロポーション整えてるところですが、なかなか終わらない!
そうこうしてるうちに、やっぱり顔が気に食わなかったので整形しまくりました。髪もかなり変わりました。
この辺りで限界を感じます。
Blender大分慣れてきました。
未だに分からないのがマテリアルのカラーランプ使うとどうしてもテクスチャに影響が出てしまいます。
一体どうすればいいのだろうか。

Y字


メタセコのボーンでやってたんですけど、ウエイトの鏡面コピーがまともに機能しなくなったのでBlenderに移りました。
長年悩んでた股関節は今回もまたハマってたのですが、いいお手本見たら一発で解決してしまいました。

レンダ結果はWarabiMP並にはできてきた気がするのでこれでいけそうです。
まだBlenderのレンダリングは分からないことだらけですが…。
カラーランプでテクスチャ消えちゃうのもよくわかんないです。

ツインテは曲がった形状でモデリングしたけど、これだと逆方向に曲げる時に苦しくなるので失敗ですね。
手足も適当な長さにしてただけなので曲げてみるとバランスがめちゃくちゃでした。
曲げてみないと分からないことが結構ありますね。当然か…。

微妙に進む


今は骨入れと関節作りがメインです。
関節作りとウエイトペイントは難しい作業ですが、カス子の改造よりかはだいぶ楽に感じます。
ボーンの位置を好きに動かせますからね。
顔は表情でどうにでもなると分かったので、モーフさせやすいように頂点整理でもういいかなと。
肩が意外と難しかったので、デフォ立ちをちょっと曲げた状態に。
それにしても指がめんどくせえ…。
テクスチャ塗りはいつまで経っても好きになれない作業です。
もっとペンタブと仲良しにならないとなあとは思うのですが。

keynoteちょっといじってみたんですが、私には無理な作業だと悟ったので早々に諦めました。
でも、すごいなーと思う機能がいっぱいありますね。
そしてBlenderに持ち込んでみたものの、レンダ設定がうまくいかなかったので
このままメタセコとwarabiMPで進めることにしました。

メタセコ標準ボーンでポーズを付けてwarabiMPでレンダするには
とりあえずボーンモードでポーズ付け→変形を適用。
ひとかたまりになったオブジェ出力しかできないので、Alt押しながら材質選んで
手作業で分解していくしかないのかなあといったところです。
プロフィール

charon888

Author:charon888
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。